那須良輔を原点に漫画文化の魅力を湯前町から全国及び海外に発信・・・湯前まんが美術館(那須良輔記念館)  <熊本県球磨郡湯前町>

那須良輔先生の紹介

那須良輔紹介

政治風刺漫画家 那須良輔 紹介

那須良輔先生

(↑ 那須良輔先生の書斎を再現)

那須 良輔 :なす りょうすけ(1913~1989)
湯前町下染田生まれ。

line.gif

那須 良輔先生は、昭和8年デュー以来、戦中戦後を通じて、日本漫画界の重鎮としてご活躍され、偉大な足跡を残されました。

先生は、熊本県球磨郡湯前町で育ち、めぐりめぐって鎌倉に落ち着かれました。

line.gif

政治に対する怒りをバネに、すぐれたデッサンで時の政治家の似顔絵を特徴たっぷりに描きながら、それぞれの時代の政治や社会事象を痛烈に風刺されました。

また、釣りや自然を題材にした随筆も多く、広く文化人として知られています。花鳥風月という風流もさることながら特に蛙、うなぎ等の生態が面白いです。

line.gif

平成元年2月22日に逝去。享年75歳、院号を自然院とされました。


那須良輔 略年符

  • 大正2年(1913)
     4月15日、湯前村(湯前町)染田に父源次郎、母ヨシの長男として出生。
  • 昭和2年(1927)14歳
     湯前高等小学校卒業。在学中、「全国小学校図書作品展」で二年連続二等をとる。
     またこの頃、少年雑誌に漫画や短歌を投稿する。
  • 昭和7年(1932)19歳
     洋画家を志し、親戚中の反対をおしきって上京。
     上野坂下町の太平洋美術学校予科に入学。
     生活費稼ぎに漫画を雑誌に投稿。
  • 昭和8年(1933)20歳
     「日本少年」(実業之日本社)に原稿が採用され、専属となる。
     「のんきな殿様」・「わが輩はノミである」等で売れっ子の漫画家となる。
     その後、「キング」・「大衆クラブ」等に大人向け漫画も掲載するようになる。
  • 昭和12年(1937)24歳
     第1回目の召集を受ける。
     その後、終戦まで3回の召集を受け、その間大本営参謀本部等で伝単やポスターを描いたりする。
  • 昭和15年(1940)27歳
     近藤日出造の「漫画」にはじめて政治漫画を発表。
  • 昭和20年(1945)32歳
     漫画集団に参加する。漫画集団事務局が空襲で焼失、帰郷する。
  • 昭和21年(1946)33歳
     熊日新聞に子供向け漫画を連載。
  • 昭和23年(1948)35歳
     上京、平河町に居をかまえる。(その後、鎌倉市扇ヶ谷に移る)
  • 昭和24年(1949)36歳
     横山隆一氏の推薦で毎日新聞社嘱託として、政治漫画・随筆を担当。
  • 昭和27年(1952)39歳
     週刊東洋新報社嘱託として、「週刊東洋経済」に政治漫画・随筆を連載。
  • 昭和29年(1954)41歳
     1月、日本航空の東京・ロスアンジェルス線開設の際、文化人代表として招待を受け渡米。
  • 昭和31年(1956)43歳
     9月、第3次文化使節団として草野心平等と中国を訪問。
  • 昭和33年(1958)45歳
     ロンドンで開かれた国際漫画家展に出品、国際的にも高い評価を得る。
  • 昭和34年(1959)46歳
     はじめての本格的著書「吉田から岸へ」を刊行。また、銅版画展を開く。
  • 昭和39年(1964)51歳
     7月、日ソ文化交流の一端として、檀一雄らと釣り視察団を組み訪ソ。
  • 昭和47年(1972)59歳
     鎌倉市都市計画審議委員を委託される。
  • 昭和60年(1985)72歳
     「漫画家生活50年」と題した個展が鎌倉、熊本で開かれる。
  • 昭和62年(1987)74歳
     日本漫画家協会選考委員特別賞を受ける。
  • 昭和63年(1988)75歳
     勲四等瑞宝章を受ける。
  • 平成元年(1989)76歳
     2月22日自宅にて逝去。2月24日漫画集団葬営まれる。


法名は「自然院清諷良輔居士


那須良輔 那須良輔略年譜

↑画像をクリックすると、拡大して見れます。


powered by QHM 6.0.9 haik
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional