那須良輔を原点に漫画文化の魅力を湯前町から全国及び海外に発信・・・湯前まんが美術館(那須良輔記念館)  <熊本県球磨郡湯前町>

湯前まんが美術館について

美術館について

湯前まんが美術館について

湯前まんが美術館 館内案内

概要

九州でも「まんが」をテーマとした美術館です。
建物のモチーフとなったのは、人吉・球磨地方に伝わる郷土玩具「きじ馬」です。

line.gif

湯前まんが美術館(那須良輔記念館)は、湯前町出身の政治漫画家故・ 那須良輔氏の偉業を保存・展示する館として、開館しました。
日本のすぐれた漫画文化を後世に継承していくため、那須良輔氏の作品を展示する常設展示室と、企画展示室を備えています。

line.gif

独立した5棟の建物は群れ(SHOAL)のような関係を保ちながら機能及び内外部空間が結びついています。
地場の木材と技術力を駆使した新しい木造建築を目指して、主要な空間に片持梁構造の構成を採用しています。

line.gif

館内では、マンガ単行本も楽しめます。

line.gif

特別企画展では、漫画家と読者の交流など「まんが」というジャンルに共通した「夢」「楽しさ」を共感することができます。


館内案内

湯前まんが美術館 館内案内


「くまもとアートポリス」参加作品。球磨地方の杉と檜を使用し、地元の伝統的な大工技術を駆使した木造建築。

展示室の重ね梁と方杖で構成される空間と入り口の上をせり出した庇部分(キャンティーレバー)を特徴とする木構造。

5棟にわかれた建物は、東の2棟が公民館、西の3棟が美術館の機能を持ち、大きな「きじ馬(球磨地方の伝統玩具)」が群れる姿をイメージして設計されました。


line.gif


  • 敷地面積 9,023㎡
  • 構造規模 木造2階建
  • 延床面積 858㎡・388㎡(美術館)
  • 主な仕上げ 亜鉛アルミメッキ鋼板張
  • 設  計 桂 英昭+AIR
  • 事 業 費 380,000千円


湯前まんが美術館展示スペース


powered by HAIK 7.1.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional