那須良輔を原点に漫画文化の魅力を湯前町から全国及び海外に発信・・・湯前まんが美術館(那須良輔記念館)  <熊本県球磨郡湯前町>

湯前まんが美術館

FrontPage

ようこそ! 湯前まんが美術館(那須良輔記念館)

湯前まんが美術館は、湯前町出身の漫画家「故 那須良輔」先生の偉業を末永く後世に伝える館として、日本の漫画文化発展に寄与していきます。

NEW 新着情報

8月16日  「臨時開館します!」UP
7月17日  「ゲゲゲの鬼太郎 トリックアートの館」UP
7月17日  「川崎のぼるの世界展は終了しました」UP
5月14日  「2018第27回那須良輔風刺漫画大賞作品募集UP
3月 9日  「声と旅する声優音声ガイド」UP
10月16日 「第26回那須良輔風刺漫画大賞結果発表」UP

NEW 臨時開館します!

 現在開催中の「ゲゲゲの鬼太郎 トリックアートの館」に毎日多くのご来館ありがとうございます。大好評につきまして、今回特別に美術館を臨時開館します。
 いつもなら入ることができない夜の美術館に来てみませんか?皆様のご来館をお待ちしております。

 【日 時】平成30年8月18日(土)17時~21時
 【入館料】高校生以上300円、中学生以下100円、幼児以下無料

※同日、隣の改善センターにて「湯前ぶどう祭り(こちらをクリック)が開催されます。ぜひ一緒にご来場いただきますようお願いします。

NEW ゲゲゲの鬼太郎 トリックアートの館

 2018.7.21(SAT) → 9.2(SUN)

家族や友達、みんなでトリックアートを楽しもう!

ゲゲゲの鬼太郎トリックアート展

 2015年に亡くなった稀代の妖怪絵師・水木しげるさん(1922-2015)の代名詞であった不滅の妖怪アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」が、トリックアートの展示になりました。本展では「妖怪四十七士 日本縦断の旅」と題して、各地方のご当地妖怪たちとの出会いや戦いのシーンをくり広げながら、たくさんのトリックアートを体験することができます。
 さらわれた猫娘を取り戻すため、鬼太郎と一緒に日本を北から南へ縦断する旅に出かけてみよう。途中で待ちかまえる妖怪たちが妖術を使って、さまざまなトリックを仕掛けてきます。
 本展では、トリックアートの不思議な絵画と、「ゲゲゲの鬼太郎」の妖怪たちとの記念撮影をダブルでお楽しみいただけます。全国各地で開催され、人気沸騰の妖怪トリックアート展が人吉球磨地方初上陸です。ぜひ、ご家族・ご友人でご来場いただき、おもしろい写真をたくさん撮って、楽しい思い出をつくってみましょう。

NEW 2018第27回那須良輔風刺漫画大賞作品募集

第27回漫画募集チラシ(2018)

 時代を象徴する様々な問題を鋭くとらえ、ユーモアたっぷりに描き続けた風刺漫画家・那須良輔氏。彼の作品を今に伝える湯前まんが美術館が今年も「那須良輔風刺漫画大賞」を募集します。
 政治や経済、国際的な問題から身近な暮らしの話題までテーマは自由です。クスッと笑いがこみ上げるような楽しい漫画をお待ちしています。

 募集期間:平成30年5月~9月15日(土)※当日消印有効

※募集要項につきましては「こちらをクリック」してください。

NEW 声と旅する声優音声ガイド

声優音声ガイド

 熊本メディアコンテンツコミッション協議会(熊本MCC協議会)では、豪華声優陣による「声と旅する声優音声ガイド」を実施します。
 県内4市町(合志市、水俣市、高森町、湯前町)のスポットに設置してあるパネルのQRコードを読み込むと、音声ガイドを聞くことができます。
 案内をしてくれるのは、楠木ヒバリ(釘宮理恵)と楠木アキラ(島﨑信長)の2名で、湯前町では「湯前まんが美術館」「湯楽里」「潮神社」「城泉寺」の4か所に設置してますので、ぜひ足を運んでいただき音声ガイドをお楽しみください。

 詳しくは「こちらをクリック」

NEW 第26回那須良輔風刺漫画大賞結果発表

 募集しておりました「第26回那須良輔風刺漫画大賞」につきましては、たくさんのご応募ありがとうございました。
 9月28日に鎌倉市にて審査を行いました結果、入賞作品を決定いたしました。

 結果につきましては「こちらをクリック」してください。

 なお、受賞されました方には別途通知しておりますので、届かない場合にはご連絡をお願いします。
 また、表彰式を11月12日(日)に、漫画フェスタ会場内にて行います。漫画フェスタの時には、応募作品全作品を展示いたしますので是非ご来館ください。まんが美術館では12月下旬より入賞作品を中心に展示予定です。

 今回残念ながら入賞を逃された方も、また次回のご応募お待ちしております。

お知らせ

 「湯前まんが図書館」及び「カフェ」がオープンしました。

 湯前駅近くのレールウィングに『湯前まんが図書館』と『ユノカフェ』がオープンしました。

 「ユノカフェ」(ゆのまえまるしぇサイト内)

                                   

powered by HAIK 7.2.6
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional