那須良輔を原点に漫画文化の魅力を湯前町から全国及び海外に発信・・・湯前まんが美術館(那須良輔記念館)  <熊本県球磨郡湯前町>

湯前まんが美術館

FrontPage

ようこそ! 湯前まんが美術館(那須良輔記念館)

湯前まんが美術館は、湯前町出身の漫画家「故 那須良輔」先生の偉業を末永く後世に伝える館として、日本の漫画文化発展に寄与していきます。

NEW 新着情報

11月14日 「ゆのまえ漫画フェスタ」は終了しましたUP
10月29日 「ONE PIECE」復興列車運行!UP
10月24日 「ONE PIECE」湯前・高森スタンプラリーUP
10月22日 「熊本から元気を!~川崎のぼる有志一同とくまモン頑張れ絵特別展UP
10月14日 「第25回那須良輔風刺漫画大賞審査結果発表」UP

NEW ゆのまえ漫画フェスタは終了しました

 11月12日、13日に開催した「ゆのまえ漫画フェスタ」は大盛況の内に終了しました。たくさんのご来場ありがとうございました。

 なお、当日の様子は後日更新させていただきます。

NEW 『ONE PIECE』復興列車運行!

ワンピースポスター

 週刊少年ジャンプに連載中の人気漫画「ONE PIECE」と熊本県阿蘇郡高森町(あそぐんたかもりまち)・球磨郡湯前町(くまぐん ゆのまえまち)が、熊本地震の復興を支援しようとスクラムを組み、プロジェクトが始動します。
 4月に発生した熊本地震から半年。少しずつ復興へ向けて進み出してはいるものの、被害の大きかった地域では、まだまだ先の見えない状況が続いています。また、少しずつ回復傾向を見せているものの、風評被害などにより一時は観光客が大きく落ち込み、観光産業にも大きな打撃を与えました。
 そのような中、ONE PIECEの原作者で熊本出身の尾田栄一郎先生、集英社、東映アニメーションなど多くの関係者の協力を得て、熊本県内の各自治体で「ONE PIECE熊本復興プロジェクト」が展開されます。
 そのプロジェクトの1つに、南阿蘇鉄道&くま川鉄道「ONE PIECE」復興列車が運行します。詳しい運行情報は下記のとおりです。

運行期間:平成28年10月29日(土)~2月26日(日)

運行方法:期間中の観光列車田園シンフォニー(人吉温泉発11:11)に連結します。
 ※ 土、日、祝のみ運行(車内でのルフィの車内アナウンスがあります。)
 ※ 他の日にも運行しますが、運賃のみで乗車可能、予約不可、ルフィの車内アナウンスなし
乗車方法:お電話にてご予約下さい。(乗車日の1ヶ月前から予約できます)

特  典:
 ① 運行日の観光列車田園シンフォニー乗車の方に「ONE PIECE」復興列車オリジナルイラスト入りポストカードをプレゼントいたします。
 ② ラッピング車輌車内で、ルフィによる車内アナウンス放送が聞けます。
  ※ 座席が別の車輌でも車内アナウンスを聞きに行くこともできます。
特典条件(オリジナルイラスト入りポストカードをもらうには下記の条件でももらえます。)

◆ 人吉温泉駅・くまたび で受け取る場合(乗車券に渡済みスタンプを印字します。)
 ① 田園シンフォニーをご予約後、くまたびにて乗車券をお渡しする時、渡します。
  ※ 片道990円、フリー乗車券1500円の記念乗車券で乗車の方
  ※ 子供料金でもお渡しします。
  注意> 無料での乗車の場合はお渡しできません(抱っこでの幼児乗車など)
 ② 予約なしの当日乗車券購入の際は、駅窓口でお渡しします。(乗車券に渡済みスタンプを印字します。)

◆ 湯前まんが美術館で受け取る場合 
 ① くま川鉄道の各駅設置の券売機で購入した一日フリー乗車券1200円(小人600円)をお持ちで、その日の日付が刻印された乗車券を湯前まんが美術館の窓口にご提示下さい。お一人様乗車券1枚にポストカードを差し上げます。
 ② その他の企画乗車券(夏目友人帳記念乗車券、熊本三セク鉄道応援きっぷ)でも差し上げます。(券に渡済みスタンプを印字します。)

ワンピースチラシ表 ワンピースチラシ裏

NEW 『ONE PIECE』湯前・高森スタンプラリー

キービジュアル

 湯前町と高森町では、熊本地震からの復興を目指し、『ONE PIECE』湯前・高森スタンプラリーを開催します!

 本企画は、『ONE PIECE』の原作者で熊本出身の尾田栄一郎先生、集英社、東映アニメーションなど多くの関係者に協力いただき、湯前・高森で連携してスタンプラリーを実施するものです。

 拠点ポイントとなる「湯前まんが美術館」「高森湧水館」では『ONE PIECE』のイラストや台本、フィギュアなどの展示もありますので是非湯前・高森へお越しください。

【開催期間】平成28年10月29日(土)~平成29年2月28日(火)まで      
      ※景品がなくなり次第終了

【スタンプラリーの楽しみ方】
①チェックポイント A~Cでスタンプラリー台紙をゲットし、いずれか2ヶ所でスタンプを押す!
 チェックポイントA:湯前まんが美術館
 チェックポイントB:高森湧水館
 チェックポイントC:ゆのまえ温泉湯楽里 及び 高森駅

【館情報】湯前まんが美術館
     9:30~17:00
     ※12月28日~1月3日は休館
      
     高森湧水館
     9:00~16:00
     ※毎週月曜休館(月曜祝日の場合翌日休館)
     ※12月28日~1月3日は休館

     ゆのまえ温泉湯楽里
     HP http://www.y-yurari.co.jp/
     ※第2,第4月曜日休館(月曜祝日の場合翌日休館)

     高森駅
     HP http://www.mt-torokko.com/information/route/takamori/

②オリジナルステッカー交換場所でそれぞれのオリジナルステッカーをゲット!
 
 A:湯前まんが美術館でゲットできるステッカー

湯前町

 B:高森湧水トンネル公園入口でゲットできるステッカー

高森町

③Wチャンスでは、湯前まんが美術館高森湧水館天草四郎メモリアルホールの3ヶ所のスタンプを集めて、オリジナルステッカー交換場所で特製ステッカーをゲット! 

Wチャンス

※ただし、天草四郎メモリアルホールは、11月12日(土)からの開催となります。ご了承ください。

NEW 熊本から元気を!特別展

 「熊本から元気を!」
  ~川崎のぼる有志一同とくまモン頑張れ絵特別展

熊本から元気を!

 平成28年4月14日、4月16日に熊本を襲った大地震。

 発生直後から、熊本県のゆるキャラ「くまモン」のイラストを描いて被災者を励まそうとSNSを中心にその輪が広がりました。

 特別展では、熊本地震復興支援のために、川崎のぼる先生が漫画家の有人たちに働きかけ作成した作品54点や、ちばてつや先生をはじめ、様々な先生が描かれた「くまモン頑張れ絵」20点を展示します。また、川崎先生の仲間たちで描かれた寄せ書きや、少年マガジンの先生方が寄せ書きされた作品も展示します。

 今回の特別展は熊本地震復興支援のため入場無料となっておりますので、たくさんのご来館をお待ちしております。

また、阿蘇郡高森町との共同特別展となっており、高森湧水館の方でも展示を行っておりますので、ぜひそちらにもご来館ください。

【展示期間】平成28年10月22日(土)~平成29年1月31日(火)
【開催場所】湯前まんが美術館
      9:30~17:00
      ※12月28日~1月3日は休館
      
      高森湧水館
      9:00~16:00
      ※毎週月曜休館(月曜祝日の場合翌日閉館)
      ※12月28日~1月3日は休館
【主  催】くまもとメディアコンテンツコミッション協議会、
      湯前町、熊本県高森町 

NEW 第25回那須良輔風刺漫画大賞審査結果

 平成28年9月27日に鎌倉市にて審査会を開催し、今回の入選作品が決定しました!
 全国各地からたくさんのご応募ありがとうございました。

 審査結果につきましては「こちらをクリック」してください。

お知らせ

 「湯前まんが図書館」が開館しました!

 「湯前まんが図書館」が4月29日から湯前駅ヨコの「湯~とぴあ」に開館しました。
 入場は無料でどなたでもご利用することができますので、ぜひご来館いただき、漫画を読みながらゆっくりとした時を過ごしてみませんか?

【開館日】  土、日、祝日および長期休暇(夏休み)
【開館時間】 9:00~17:00
【場 所】  ふれあい交流センター「湯~とぴあ」(湯前駅ヨコ)
【蔵書数】  約8,000冊
(ワンピース、スラムダンク、ナルト、ゴルゴ13、こちら亀有公園前派出所、東京喰種、サラリーマン金太郎、デカスロン、NANA、アオハライドなど人気作品や熊本にゆかりのある漫画のコーナーなどもあり充実しています)
 

                               

本サイトに掲載している画像等の著作権は、湯前まんが美術館に帰属しますので、無断使用・転載を禁止します。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional